薄毛治療の選び方は簡単な方法から試してみるのが基本

薄毛治療にはさまざま方法がありますが、選び方の基本は簡単な方法からです。最初におすすめしたい方法は育毛シャンプーや育毛剤の使用で、それで変化がない場合は育毛サロンを利用してみるといいです。サロンに6ヶ月通ってまったく変化がない場合は、発毛専門クリニックに行きましょう。
医療機関の発毛治療のメリットは、頭皮状態を正確に診断した上で最適な方法を施してくれることです。一般的な治療方法は経口薬と外用薬の並行になり、市販薬と比較して効果が非常に高いので3ヶ月程度で実感できることが多いです。医療機関ではサプリを取り扱いしていることもあり、市販品とは成分濃度が違います。薬物療法やサプリによる治療方法の費用は、月額で1~2万円といったところです。

治療方法は医師と相談して決まる

薄毛は治療効果が高い方法ほど料金が高くなるので、医師と相談して方法を決めることになります。ポピュラーな方法は薬物療法ですが、お金に余裕のある方は注射で頭皮に直接薬剤を送り込む方法もあります。育毛メソセラピーと呼ばれる方法で、有効成分を効率的に毛根に届けることができます。費用はクリニックによって大きな差があり、1回あたり2~8万円くらいとなります。発毛治療はすべて自費診療となるため、健康保険を使うことができません。クリニック側が料金設定を自由にできるため、大きな差が生じてくるわけです。
治療期間は最低6ヶ月と考えておくのがよく、これは頭皮改善に時間がかかるためです。効果が出始めてもそれで終わりではなく、納得できる毛量になるまで治療を続ける必要があるので、3年間くらいは見ておくのが好ましいでしょう。